メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

静岡・浜岡原発

全面停止5年 再稼働賛成なし 30キロ圏自治体・毎日新聞アンケート

停止から5年を迎える浜岡原発。海抜22メートルの防波壁に囲まれている。奥は御前崎市街=静岡県御前崎市で2016年5月12日、本社ヘリから丸山博撮影

 政府の要請で2011年5月に全面停止した中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)で、半径30キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)にある県内11市町の全首長と川勝平太知事が、再稼働に賛成の意思を示していないことが毎日新聞のアンケートで分かった。3首長が反対し、4首長が再稼働の前提条件として東京電力福島第1原発事故の収束など高いハードルを課した。中部電は浜岡原発3、4号機の再稼働を目指し、原子力規制委員会に安全審査を申請中だが、地元の不安が払拭(ふっしょく)できていない実態が浮き彫りになった。14日に全面停止5年となるのに合わせ、先月、「再稼働の是非」などを聞いた。回答は五つからの選択とし、反対=3人▽現時点では判断できない=5人▽その他=4人−−で、「賛成」と「条件が整えば賛成」はいなかった。

 反対したのは、牧之原市・西原茂樹▽島田市・染谷絹代▽吉田町・田村典彦−−の3首長。南海トラフ巨大地震の想定震源域の真上にあるとし、西原市長は「事故発生で国家存亡の危険がある」、田村町長は「安全が確保できない」とした。染谷市長は「避難計画の確実性も伴っていない」と懸念を示した。

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文1117文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  2. オウム 松本元死刑囚、執行直前の様子「ちょっと待って」

  3. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

  4. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  5. 緊急現地報告「割れる米国」 「4年前、トランプに投票して後悔」 共和党優勢の田舎町で何が

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです