メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舛添都知事

記者会見 釈明…晴れぬ疑念 追及され反省の弁

定例記者会見で、質問のために挙手する記者を指さす舛添要一・東京都知事=東京都新宿区で2016年5月13日、宮武祐希撮影

 「私の不徳の致すところで心からおわび申し上げる」。政治資金の私的流用を疑われた東京都の舛添要一知事は、13日の2時間近くにわたる「釈明記者会見」で6回、深々と頭を下げた。一方、宛名が空欄の領収書を受け取り、会計責任者が政治目的の使途かどうか判断する方法で精算していたことを明かし、約150人の報道陣から、ずさんな資金管理を厳しく追及された。【林田七恵、山田麻未】

 舛添知事によると、事務所には自分やスタッフらが使えるように個人資金の20万〜30万円をプールしてい…

この記事は有料記事です。

残り2107文字(全文2339文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

  5. 平手打ちや蹴り 小学女子バレー監督が体罰か 日小連が再調査指示 大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです