メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いま私は@熊本

熊本地震 1カ月

 熊本地震の被災地では、いまだ約1万人が避難生活を送る。当たり前の日常を一転させたあの日から1カ月を迎える避難者は今、何を思うのか。記者が訪ね歩いた。

笑顔あれば何とか前に 熊本市東区、パート従業員、島崎朱未さん(46)=避難所

 介護が必要な実母(78)と義母(86)と共にいます。夜はトイレで4、5回起こされることもあります。福祉施設は、宿泊費などを払う余裕がないので諦めました。大変な日々ですが、それでも笑顔になれる瞬間もあるので今は何とか前に進むことができています。

この記事は有料記事です。

残り1153文字(全文1388文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  5. 四国トピックス 「眼鏡曇らないマスク」 徳島の2店がコラボし開発 通気性抜群「接客業にぜひ」 /徳島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです