ANA

樹脂製車椅子導入 手荷物検査が容易に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ANAが導入した樹脂製の車いす。金属探知機に反応しないようになっているだけでなく、機内にスムーズに入れるように22インチの車輪が脱着できるようになっている=東京都大田区の羽田空港で、米田堅持撮影
ANAが導入した樹脂製の車いす。金属探知機に反応しないようになっているだけでなく、機内にスムーズに入れるように22インチの車輪が脱着できるようになっている=東京都大田区の羽田空港で、米田堅持撮影

 全日本空輸(ANA)は、4月から樹脂製の車椅子を羽田空港(東京都大田区)に導入した。車椅子メーカーの松永製作所(岐阜県養老町)と約3年かけて共同開発した力作だ。導入までの経緯を探ってみた。【米田堅持】

乗客の負担となったボディーチェック

 旅客機に搭乗する際、ハイジャックなどテロ防止の観点から手荷物検査が行われる。小銭入れや携帯電話など金属探知機に反応するものはX線検査機に通し、人間は金属探知機で反応がなければ検査を通過できる。

 しかし、車椅子で搭乗する乗客の場合は、車椅子が金属探知機に反応してしまうため、ボディーチェックが欠かせない。乗客に負担をかけるだけでなく、時間もかかっていた。金属探知機に反応しない竹製の車椅子を日本航空(JAL)が2010年から導入しているが、ANAは13年から松永製作所と開発していた。

この記事は有料記事です。

残り614文字(全文974文字)

あわせて読みたい

ニュース特集