熊本地震

支援、東日本の経験生かし 遠野のNPO法人

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
熊本地震の被災地での活動を振り返りながら「被災者が生きがいを取り戻すまで共に生きたい」と話す臼澤良一さん=岩手県大槌町大槌で2016年5月12日午後4時44分、中尾卓英撮影
熊本地震の被災地での活動を振り返りながら「被災者が生きがいを取り戻すまで共に生きたい」と話す臼澤良一さん=岩手県大槌町大槌で2016年5月12日午後4時44分、中尾卓英撮影

届けたいのは「忘れていない。一緒にいるよ」のメッセージ

 東日本大震災の被災地を支援している岩手県遠野市のNPO法人「遠野まごころネット」が、熊本地震の被災者を応援しようと現地で活動を続けている。震災被災者でもある理事長の臼澤良一さん(67)は、生活再建に向けてニーズの多様化が予想される今後を見据え、長期的視点で支援を継続する。届けたいのは「忘れていない。一緒にいるよ」というメッセージだ。

 臼澤さんは2011年3月11日、岩手県大槌町にある木造2階建ての自宅で、激しい揺れに見舞われた。津波が迫る中、屋根の上に逃れたが、約300メートル流された。何人もの人々が渦にのみ込まれ、ガス爆発で火の海が迫る中、電線とがれきを伝って高台に逃れ、九死に一生を得た。

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文955文字)

あわせて読みたい

注目の特集