東京五輪招致

インターホンの応答がなく スイス企業

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

多額の資金送金先関連

 【ルツェルン(スイス中部)福島良典】2020年東京五輪・パラリンピック招致委員会(14年1月解散)から多額の資金を送金されていたシンガポールの会社の代表がコンサルタントを務めていたと報じられたスイス中部ルツェルンの企業AMS社を13日夜訪ねた。インターホンでの呼び出しには応答が無く、電話をかけても「ただいま応答できる者がおりません。メッセージを残してください」との呼び出しが返…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

あわせて読みたい

注目の特集