台湾

南シナ海、主権損なう判断は認めず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【台北・鈴木玲子】台湾外交部(外務省)は13日、南シナ海の領有権争いを巡る国際仲裁裁判所での仲裁手続きについて「最終判断が南シナ海での主権と海域での権益を損なうものだった場合、法的拘束力はなく、判断は認めず、受け入れない」との立場を示した。

 フィリピンが中国を相手にした仲裁手続きで、南シナ海の南沙…

この記事は有料記事です。

残り107文字(全文257文字)

あわせて読みたい

注目の特集