メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舛添氏会見

「誤解招いた支出分は返金」 辞職の意思なし

定例記者会見で、記者の質問に答える舛添要一・東京都知事=東京都新宿区で2016年5月13日午後2時2分、宮武祐希撮影

 東京都の舛添要一知事は13日の定例記者会見で、家族旅行費を会議費名目で支出するなど政治資金を私的流用した疑いが持たれていることについて「旅行先ホテルで事務所関係者らと会議をした。家族で宿泊する部屋を利用し誤解を招いたので(支出分を)返金する」などと述べ、謝罪した。進退に関しては「批判を真摯(しんし)に受け止め、東京を世界一の都市にするため信頼を回復したい」と辞職の意思がないことを強調した。

 舛添知事の資金管理団体「グローバルネットワーク研究会」(解散)が2013年1月と14年1月に千葉県木更津市の龍宮城スパホテル三日月に会議費名目で支出した約37万円が、実際は知事の家族旅行費だったなどと週刊文春が報じた。舛添知事は、事務所スタッフと自身の記憶をもとに支出を精査したという。

この記事は有料記事です。

残り925文字(全文1266文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  5. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです