メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外強制不妊救済法が成立
浜岡原発

30キロ圏、再稼働賛成なし 全面停止から5年

停止から5年を迎える浜岡原発。海抜22メートルの防波壁に囲まれている。奥は御前崎市街=静岡県御前崎市で2016年5月12日、本社ヘリから丸山博撮影

首長アンケ 静岡知事も難色 

 政府の要請で2011年5月に全面停止した中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)で、半径30キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)にある県内11市町の全首長と川勝平太知事が、再稼働に賛成の意思を示していないことが毎日新聞のアンケートで分かった。3首長が反対し、4首長が再稼働の前提条件として東京電力福島第1原発事故の収束など高いハードルを課した。中部電は浜岡原発3、4号機の再稼働を目指し、原子力規制委員会に安全審査を申請中だが、地元の不安が払拭(ふっしょく)できていない実態が浮き彫りになった。

 14日に全面停止5年となるのに合わせ、先月、「再稼働の是非」などを聞いた。回答は五つからの選択とし…

この記事は有料記事です。

残り871文字(全文1179文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです