プロ野球

7割が引退後も野球関係に 進路調査

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 プロ野球の日本野球機構(NPB)は13日、昨年度に戦力外通告を受けたか現役引退した日本選手、計127人(平均年齢30.9歳、同在籍年数9.5年)の進路調査結果を発表した。調査は2007年から行っており、今年で9回目。

 NPB12球団や独立リーグ、社会人野球などを含め、全体の69%にあたる87人が野球界を進路に選んだ。NP…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文407文字)

あわせて読みたい

ニュース特集