東京五輪招致

「コンサルタント料」海外送金認める

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2020年東京五輪・パラリンピック招致委員会(14年1月解散)からシンガポールの口座に多額の資金が振り込まれ、フランス検察当局が汚職などの疑いで捜査していることを受け、招致委理事長だった日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は13日、「コンサルタント料であり、問題のない手続き」との見解を明らかにした。

 JOCによると、口座名義は招致活動のコンサルタントのイアン・タン氏が代表を務める「ブラックタイディングス」。招致が決まった13年9月の国際オリンピック委員会(IOC)総会前の7月に9500万円、総会後の10月に「勝因分析」の対価として1億3500万円の計2億3000万円を招致委から直接送金した。竹田会長は招致計画作成や招致演説の指導、ロビー活動などの業務委託やコンサルタント料であると説明。ブ社は…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文693文字)

あわせて読みたい

注目の特集