東京五輪招致

2.3億円「必要額だった」竹田JOC会長

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
JOCの竹田恒和会長=山本晋撮影
JOCの竹田恒和会長=山本晋撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックの招致を巡り、招致委員会の理事長だった日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は13日、約2億3000万円をシンガポールのコンサルタント会社「ブラックタイディングス」に送金したことを明らかにした。竹田会長は当時、ブ社との契約は把握していなかったが「当時の事務局で招致を勝ち取るには必要な額だと判断したのだろう」と説明した。国際オリンピック委員会(IOC)にも報告した。IOCはフランス検察当局に協力しており、今後の捜査で判断される。

 竹田会長は国内の監査法人の監査を受けた上での支払いで、契約書も存在していることを明らかにした。招致委の活動報告書によると、東京都からの拠出、寄付金、協賛金などを合わせた招致活動経費は約89億円。ブ社へのコンサルタント料は経費から支出された。

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文886文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集