連載

漫画で解説

毎日新聞デジタルの「漫画で解説」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

漫画で解説

スーパーフードで健康に!の巻

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
スーパーフードで健康に!の巻
スーパーフードで健康に!の巻

ココナツオイルにスピルリナ 体にいいらしいけど定義は?

最近よく聞く、スーパーフードを知っていますか?

日本スーパーフード協会では、「栄養バランスに優れ一般的な食品より栄養価が高く、一部の栄養成分が突出して多いもの」と定義しています。
協会では、アーモンド、アサイー、カムカム、アマニ油など、43種類を推奨しているそうです。

サプリメントとはどこが違うのでしょうか?
スーパーフードはいろいろな形状に加工されていますが、食材として毎日の食事に取り入れられるのが特徴です。
米国の有名な自然療法家が紹介し、スーパーモデルやハリウッド女優が広めたので流行しました。
最近よく聞く、スーパーフードを知っていますか? 日本スーパーフード協会では、「栄養バランスに優れ一般的な食品より栄養価が高く、一部の栄養成分が突出して多いもの」と定義しています。 協会では、アーモンド、アサイー、カムカム、アマニ油など、43種類を推奨しているそうです。 サプリメントとはどこが違うのでしょうか? スーパーフードはいろいろな形状に加工されていますが、食材として毎日の食事に取り入れられるのが特徴です。 米国の有名な自然療法家が紹介し、スーパーモデルやハリウッド女優が広めたので流行しました。
メキシコ原産のチアシードは、シソ科の植物の種で植物繊維が豊富です。
水に漬けると10倍に膨らむので、腹持ちがいいのです。
ヨーグルトやドレッシングに混ぜて食べます。

藍藻(らんそう)類の一種、スピルリナは50種類以上の栄養素を含んでおり、
小さじ1杯で1日に必要な緑黄色野菜と同じ量のβカロテンが摂取できます。

中鎖脂肪酸の多いココナツオイルは、認知症の症状を改善する可能性があると言われています。

海外産の珍しい食べ物多いのでしょうか?
そうとは限りません。
メキシコ原産のチアシードは、シソ科の植物の種で植物繊維が豊富です。 水に漬けると10倍に膨らむので、腹持ちがいいのです。 ヨーグルトやドレッシングに混ぜて食べます。 藍藻(らんそう)類の一種、スピルリナは50種類以上の栄養素を含んでおり、 小さじ1杯で1日に必要な緑黄色野菜と同じ量のβカロテンが摂取できます。 中鎖脂肪酸の多いココナツオイルは、認知症の症状を改善する可能性があると言われています。 海外産の珍しい食べ物多いのでしょうか? そうとは限りません。
蜂蜜やソバの実なども「スーパーフード」だそうです。
日本スーパーフード協会が紹介する「ジャパニーズスーパーフード」もあります。
例えば緑茶や納豆、みそ、甘酒です。
梅干し、ニンニク、ショウガもいいと言われています。

他にもたくさんありそうですが、それが問題でもあります。
ブームに乗って次々に「スーパーフード」が登場しています。
現時点では基準がないので、販売側が自由に「スーパーフード」と名乗ることができます。
中には病気が治ると思わせるような広告もあります。
蜂蜜やソバの実なども「スーパーフード」だそうです。 日本スーパーフード協会が紹介する「ジャパニーズスーパーフード」もあります。 例えば緑茶や納豆、みそ、甘酒です。 梅干し、ニンニク、ショウガもいいと言われています。 他にもたくさんありそうですが、それが問題でもあります。 ブームに乗って次々に「スーパーフード」が登場しています。 現時点では基準がないので、販売側が自由に「スーパーフード」と名乗ることができます。 中には病気が治ると思わせるような広告もあります。
そこで同協会は、2016年4月から「推薦マーク制度」を導入しました。
栽培や加工などの過程が明確か、といった条件を定めたのです。

残留農薬やカビの混入が問題になった輸入食品もありました。
人を対象にして効果を検証したデータも不十分です。
ちなみにEUでは、専門家のお墨付きなしにスーパーフードと名乗ることを禁止しています。

こういう食品には飛びつきがちですが、結局は消費者が冷静にならないといけないというわけです。

千鶴は、文言を工夫してスーパーフードメニューを売り出そうとしています。
商売熱心ですね…。
そこで同協会は、2016年4月から「推薦マーク制度」を導入しました。 栽培や加工などの過程が明確か、といった条件を定めたのです。 残留農薬やカビの混入が問題になった輸入食品もありました。 人を対象にして効果を検証したデータも不十分です。 ちなみにEUでは、専門家のお墨付きなしにスーパーフードと名乗ることを禁止しています。 こういう食品には飛びつきがちですが、結局は消費者が冷静にならないといけないというわけです。 千鶴は、文言を工夫してスーパーフードメニューを売り出そうとしています。 商売熱心ですね…。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集