メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

ダイエットの難しさ=総合研究大学院大副学長・長谷川眞理子

=望月亮一撮影

 私たちはなぜ甘いものが好きなのか? なぜ塩味や油脂が好きなのか? もちろん、人によって好き嫌いはあるものの、多くの人は甘いお菓子を好み、ゆで卵には塩をかけたいと思い、フライドポテトや霜降り肉が好きである。

 ヒトにこのようなあらがいがたい嗜好(しこう)があるのは、糖類も塩も油脂も、私たちの生存上は非常に重要な要素なのに、これらがふんだんに手に入ることなど、人類進化史を通じてほとんどあり得なかったからだ。非常に重要で、かつ、めったに手に入らない栄養であるので、それに対する格別の好みが進化した。幸運にも手に入った時には、できるだけそれを摂取せよというのが遺伝子の要求だ。

 糖分も塩も油脂も、私たちがそれを強く欲するがゆえに、この100年余りの文明において、これらをあり余るほどに生産する技術が開発され、安く市場に出回るようになった。ところが、遺伝子の要求水準は依然として高いままに設定されている。なぜなら、進化史において、これらが必要以上に存在するという状況はなかったのだから。これでは、欲求に歯止めをかけるメカニズムは進化できない。人間が自分自身で開発した文明において…

この記事は有料記事です。

残り1258文字(全文1744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副厚生労働相に三原じゅん子氏 がん克服 党女性局長など歴任

  2. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  3. オリックス開幕投手山岡 お待たせ今季初白星 6度目先発「これから全部勝つ」

  4. 「朝鮮かかってこい」 兵庫県サッカー協会事務局長が酒に酔い発言 7月に辞任

  5. ORICON NEWS 『夏目友人帳』新作アニメ制作決定、2021年初春上映 2つの短編エピソード

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです