メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

Q&A 住宅損壊、罹災証明書は必要?

行政支援受ける際に

 地震による住宅の被害を市町村が証明する罹災(りさい)証明書は、どういうケースで必要なのか。内閣府や日本損害保険協会に聞いた。

 罹災証明書は、住宅が全壊・大規模半壊した場合に出される「被災者生活再建支援金」の受給や住宅の応急修理など、行政から支援を受ける際に必要になります。今回は他府県の公営住宅への入居で提出が求められる例もあります。

 内閣府によると、行政の支援だけでなく、義援金の受け取りや、企業や学校の支援を受ける際にも使われるこ…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  2. 「お母さん、大丈夫?」呼び掛けに返事なく 次女、階下の100歳救えず 福島・いわき

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです