メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

杉原千畝

「命のビザ」を記憶遺産に 岐阜で登録目指す

杉原千畝の功績をたたえる有識者=岐阜県可児市瀬田の花フェスタ記念公園で

 第二次世界大戦中、独ナチスの迫害から逃れたユダヤ系難民約6000人に「命のビザ」を発給した岐阜県八百津町出身の元外交官、杉原千畝(1900〜86年)の功績を考える特別座談会が14日、可児市瀬田の花フェスタ記念公園であった。参加者たちは「1人の力でも歴史は変えられると証明した」とたたえた。【岡正勝】

 ビザ発給に関する資料「杉原リスト」は昨年9月、ユネスコ記憶遺産の国内候補に選定された。今月末に正式申請、2017年の登録を目指す。千畝の功績を発信、登録に向け機運を盛り上げようと座談会を企画した。

 杉原千畝記念館(八百津町)の国枝大索館長を司会に、NPO法人ホロコースト教育資料センターの石岡史子…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. NGTから卒業の山口真帆「アイドル辞める」 芸能活動は続行「夢に向かって」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです