京都御苑

「蛤御門」名前の由来に「待った」 新資料発見

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
京都御苑の蛤御門=京都市上京区で
京都御苑の蛤御門=京都市上京区で

 幕末の「禁門の変」(蛤御門(はまぐりごもん)の変)の舞台となった京都御苑の「蛤御門」(京都市上京区)の名前の由来を巡り、京都産業大特別客員研究員の長谷桂さん(38)が定説を覆す資料を見つけた。これまでは宝永の大火(1708年)の際に開門された様子を、焼けて口を開けるハマグリにたとえて命名されたとの説が有力だったが、更に以前から「蛤」が使われていた可能性があるという。【宮川佐知子】

 蛤御門はもともと「新在家御門」などと呼ばれていた。開かずの門だったが、江戸時代の大火で逃げ惑う京の民を避難させるため開放されたと伝えられてきた。

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文545文字)

あわせて読みたい

注目の特集