メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外神戸のバス、歩行者多数はね1人死亡
特集ワイド

消えゆく健さんの「駅」 今も愛される映画の舞台 町民の誇り 北海道・増毛

映画「駅 STATION」で「風待食堂」として登場する旧多田商店=北海道増毛町で2016年5月1日

 北海道が新幹線の開業に沸く陰で、道内を走るローカル線の一部が廃止となる。今年12月4日が最終運行となるJR留萌(るもい)線の留萌−増毛(ましけ)間(16・7キロ)。2014年11月に亡くなった俳優、高倉健さんの主演映画「駅 STATION」(1981年)の舞台になった。スクリーンに映し出されたのは、人生の転換点としての駅−−。それを思い出しながら終着駅・増毛を訪れた。【庄司哲也】

 大型連休中の1日午後、列車の窓から増毛駅ホームを見ると、観光客や鉄道ファンらがカメラを構えていた。…

この記事は有料記事です。

残り2497文字(全文2739文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1.3メートル「都内一低い」ガード下 頭上すれすれ電車が通る
  2. 警官も見抜けぬ?精巧偽造在留カード横行 入管法改正で拡大の恐れ
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  5. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです