メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

團菊祭五月大歌舞伎 高密度の「寺子屋」=評・小玉祥子

 團菊祭の顔というべき菊五郎の出演が昼夜とも1演目で、松緑、菊之助、海老蔵が大役をつとめている。

 昼の最初が「鵺(ぬえ)退治」(福地桜痴作、今井豊茂補綴(ほてつ)、藤間勘十郎演出)。源頼政(梅玉)の伝説が題材。素材を盛り込み過ぎのように感じられた。

 続いて「寺子屋」。海老蔵の松王に必死さがうかがえ、松緑の源蔵に菅秀才を守ろうとする気迫がこもる。菊之助の千代に母の情が見え、梅枝の戸浪は気配りが利いた。高密度の一幕。

 次が「十六夜(いざよい)清心(せいしん)」。菊之助の清心は二枚目から悪への変心を見事に表現。時蔵の十六夜が初々しく、切なさが伝わった。松也の求女(もとめ)に哀れさがある。

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「坊主かどうかは関係ないということ証明したい」愛媛・済美が“脱丸刈り”

  2. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  3. 都内でも「うがい薬は売り切れ」の張り紙 一夜にして店頭から消えた 「吉村知事会見」を考える

  4. 大阪で新たに196人感染 過去3番目の多さ 障害者施設でクラスターか

  5. 全国で新たに1356人感染 1日1000人超は2日連続 計4万3465人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです