メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安心のかたち

保育士 理不尽な処遇(その1) 月給13万円に子の保育料重く

 政府は保育所の待機児童の解消を急ぐが、ネックになっているのが保育士の不足だ。保育士が確保できず、定員分の子供を預かれない保育所も相次ぐ。近く政府がとりまとめる「ニッポン1億総活躍プラン」にも保育士の処遇改善策が盛り込まれる見込みだが、いま保育士たちの働く現場はどうなっているのか。現状を探った。

 「子供と遊んでお金もらえるならいいじゃない、って思われるけど……。仕事や専門性に給与が全然見合ってない」。横浜市内で働く保育士の女性(31)は訴える。昼休みも残業代も、ワーク・ライフ・バランスもない職場なのに責任は重い。わずかな月給も、我が子の保育代に消えていく。

 子供たちのお昼寝の時間もめまぐるしい。0歳児は5分おき、1歳児は10分おきに呼吸をチェックする。七…

この記事は有料記事です。

残り934文字(全文1265文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 冬のボーナス 公務員県一般職、平均は88万3874円 /長崎
  2. 医療用麻薬乱用容疑、40代女性医師が死亡 仙台中央署が書類送検へ
  3. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです