特集

2016米大統領選

毎日新聞デジタルの「2016米大統領選」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

米大統領選・トランプ現象

私はこう見る 存在感増す保守層 英ロンドン政治経済学院 トーマス・リーパー講師(政治心理学)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 英米は言語も同じで大衆文化も似ているうえ、両国関係は「特別な関係」と言われるように緊密なので、米大統領選への関心は高い。今回は、共和党候補指名が確実となったドナルド・トランプ氏の存在もあり、例年以上に興味を引いている。ただトランプ氏は、英国には存在しない、風変わりな漫画の登場人物のようなキャラクターとして単に話題を呼んでいる部分も多い。

 一方で、トランプ氏の右翼的な発言が支持される傾向は、英国にもある。移民排斥を主張する英国独立党(UKIP)が伸長しており、トランプ支持層と似ている。「グローバリゼーションの負け組」と言われるブルーカラーの労働者で、中でも特に2008年の金融危機後に失業した人たちは、それまで政治にあまり関心がなかった層である。

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文616文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集