メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蜷川幸雄さん葬儀

“世界のニナガワ”に別れ 青山葬儀所

 現代演劇界をリードし、12日に肺炎による多臓器不全のため80歳で亡くなった演出家、蜷川幸雄さんの葬儀が16日、東京都港区の青山葬儀所で営まれた。仕事を共にした演劇関係者やファンらが多数参列し、“世界のニナガワ”との別れを惜しんだ。

 葬儀は正午に始まり、平幹二朗さんや大竹しのぶさん、吉田鋼太郎さん、…

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文343文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  2. 都にチクリ? 菅官房長官、コロナ再拡大は「東京問題」

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  5. 沖縄米軍基地で45人の集団感染 普天間とCハンセンで「ロックダウン」実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです