大津・ふなずし

「至誠庵」CF 2週間で目標達成

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ふなずしなどの商品を紹介する井上社長=大津市で、田中将隆撮影
ふなずしなどの商品を紹介する井上社長=大津市で、田中将隆撮影

「名産守れ」に173人が出資

 大津市で50年以上ふなずしを手作りする「至誠庵(しせいあん)」が生産拡大を目指し、インターネットのクラウドファンディング(CF)で1口2万円の出資を募ったところ、目標の231口を2週間で達成した。異例の好反響で、店主の井上裕子さん(53)は「貴重な食文化のファンを全国に増やしたい」と話している。

 出資募集サイト「セキュリテ」を利用し、3月18日から最大462万円を募集した。出資者は売り上げに応じて償還を受け、「鮒(ふな)ずしセット」(4000円相当)も贈られる。期限は6月末までの3カ月余りだったが、滋賀県内からの23人を含む173人が3月31日までに応じ、目標に達した。サイトの運営会社は「達成日数は最短に近く、地元からの出資率も極めて高い。名産を守る思いに賛同が集まったのだろう」と驚く。

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文746文字)

あわせて読みたい

注目の特集