証券監視委

業績予想を事前伝達か…関係先を強制調査

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東証マザーズ上場の情報・通信業ALBERT(アルベルト、東京都新宿区)の元会長(59)が、同社株を保有する知人らに業績予想を公表前に伝えて損失を回避させた疑いがあるとして、証券取引等監視委員会が金融商品取引法違反(インサイダー取引)容疑で関係先を強制調査していたことが、関係者への取材でわかった。

 同社は2015年10月に業績予想を下方修正…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文429文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集