メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

トランプ氏の資質に疑問 確定申告非公開をメディアが批判

 【ニューヨーク國枝すみれ】米大統領選で共和党の候補者指名獲得を事実上固めた実業家ドナルド・トランプ氏(69)の資質について、メディアを中心に批判が強まっている。

 ニューヨーク・タイムズ紙は14日の社説で、大統領候補の慣例となっている確定申告の公開を行わないトランプ氏に対し、「公開して有権者の判断を仰げ」と批判した。同紙によれば、歴代の大統領候補は約40年前から確定申告の内容を公開。収入や投資先を明らかにすることで、大統領になっても利益相反の問題が起こらず、相応の慈善行為や納税の義務を果たしていることを証明してきた。

 だが、トランプ氏は「内国歳入庁(IRS、日本の国税庁に相当)の監査が終わるまで公開しない」と主張し…

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文787文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  3. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 「桜を見る会」 与党に「推薦依頼」 官邸ホームページ動画に「招待枠」発言も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです