メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

金利低下と資産運用不安と=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 金融機関が日本銀行の当座預金勘定に追加的に預金すれば手数料徴収というマイナス金利導入から3カ月が経過した。確実に変わったのは超長期国債の利回りだ。

 40年物国債の購入者は何を想定するのか。市場における資金需給の予想がそれなりに可能な3カ月物の短期国債ならば、複数の判断材料を並べられる。材料が相互補完的ならば価格変動リスクはその分だけ少ない。

 しかし40年先に償還(返済)される国債はいくらなら買えるのか。利回り想定となれば、せいぜい過去の平…

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文696文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです