メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震

茨城で震度5弱 ベッドから転落し8歳男児骨折

 16日午後9時23分ごろ、茨城県南部を震源とする地震があり、同県小美玉市で震度5弱を記録したほか、東北から中部地方の広い範囲で揺れを観測した。気象庁によると、震源の深さは約42キロ。地震の規模を示すマグニチュードは5・5と推定される。気象庁は「揺れが強かった地域は今後2、3日の間、最大震度4程度の余震に注意してほしい」と呼び掛けた。

 茨城県つくば市消防本部によると、つくば市内の住宅で男児(8)が2段ベッドの上段から下りる際に転落し、左肘を骨折した。震度3を観測した東京都江東区では、地震に驚いて屋外に避難しようとした女性(43)がドアに足をぶつけ、軽傷を負った。

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文968文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです