メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

スマホっ子の風景 竹内先生の新教育論 災害時、ペット救出頼むツイートを見たら?

一刻争う情報も、十分厳選を

 熊本地震で、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)が安否確認などの手段として有効に機能した…中略…総務省は非常時の情報伝達手段として注目し、活用に関する検討を重ねている。

 右は5月7日の毎日新聞の記事です(一部地域掲載)。地震でLINE(ライン)などのSNSが大活躍したと報じられ、政府が非常時の活用を検討するまでになっているとのことです。スマホの利活用は政府も認めるところに来ていて、画期的な報道だと思います。

この記事は有料記事です。

残り1553文字(全文1778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 横浜F・マリノスが15年ぶりJ1制覇 FC東京降す

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  5. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです