猫の島

200匹不妊手術へ 香川・男木島、増えすぎで

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
観光客の人気になっている男木島の猫=2015年8月1日午後1時1分、玉木達也撮影
観光客の人気になっている男木島の猫=2015年8月1日午後1時1分、玉木達也撮影

 “猫の島”として有名になった香川県の男木(おぎ)島で、野良猫が増えすぎたため、全ての猫に不妊手術をすることになった。瀬戸内海に浮かぶ島に住む猫の総数は、人口約180人を上回る200匹以上。ふん尿や農作物の食い荒らし、漁網を破るといった被害が続き、島民や観光客から苦情が相次いでいる。地元の男木地区コミュニティ協議会が理事会で手術を決め、6月から高松市の動物愛護団体が取りかかる。

 協議会によると、猫は十数年前から徐々に増え、インターネットを通じて知られるようになった。約3年前に著名な写真家が著書で紹介してからは、猫目当てで島を訪れる人も増えた。観光客らが餌をやることで繁殖がさらに進み、被害が増え始めた。やせ細り、病気の猫も目立つという。

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文541文字)

あわせて読みたい

注目の特集