メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンヌ映画祭便り

第6日 公式上映はタキシード必須?

コンペ部門の公式上映会に入るため、タキシードを着込んで並ぶ男性たちの姿が見られます=木村光則撮影

 カンヌ国際映画祭もいよいよ前半戦を終えようとしていますが、感触としては人の数はまだ増えて続けている感じがします。劇場の前には写真の通り、多くの人の行列ができています。

 写真をよく見ていただくと分かりますが、男性は蝶ネクタイを付けたタキシード、女性もドレスを着込んでいます。これはドレスコードのある上映会に入る時の決められた格好なのです。どのような時にドレスコードが生じるかというと、「午後7時以降のコンペティション部門(一部のプレミア上映も)の公式…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文564文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです