メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

熊本地震で脱線 新幹線「安全神話」の死角

復旧に向けて撤去作業が始まった九州新幹線の脱線現場=熊本市西区で2016年4月18日午後3時28分、本社ヘリから矢頭智剛撮影

 熊本地震で九州新幹線の回送列車が脱線した。詳しい原因や状況は、国の運輸安全委員会で調査中だが、直下型地震に弱い新幹線の弱点が露呈した。1964年の開業以来、高い技術と安全性が新幹線の“売り”だったが、地震による脱線は防ぐことが難しく、もはや「安全神話」は信じがたい。事故が起きた時、被害を最小限にするにはどうしたらいいか、現実的対策を議論する時に来ているのでは?【小林祥晃】

 「熊本駅発車の約1分後に激しい揺れを感じ(手動で)非常ブレーキを操作した」。国土交通省などによると、熊本地震の最初の地震(4月14日)で脱線した新幹線の運転士はこう証言したという。時速約80キロで走行中の6両編成の全車が脱線したが、乗客はおらず、運転士にけがはなかった。現場以外でも高架などに損傷が見つかったが、被害は軽く、4月末の大型連休前には運転を再開。新聞やテレビは余震が続く中での明るいニュースとして伝え、ネット上では「さすが日本の新幹線」と称賛する書き込みもあった。

 しかし、交通機関の安全対策に詳しい関西大教授の安部誠治さん(公益事業論)は「時速200キロ以上で走っていたら、もっと線路からはみ出し、側壁に衝突した恐れもある」と警鐘を鳴らす。そして「新幹線が直下型地震に弱いことが改めて明らかになった」と言う。どういうことか。

この記事は有料記事です。

残り2128文字(全文2686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」3日で興収46億円 観客340万人超、ともに最高

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. Fact・Check 誤り 防衛大出身者は大学院入学を拒否される 大学院進学例、複数確認 BSフジは訂正

  4. 菅氏よもやの言い間違い次々…「説明能力」に疑問も 官房長官会見

  5. 熱血!与良政談 もう一つの負の遺産=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです