メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三鷹のまち

「みたカルタ」人気 愛情とちょっぴり皮肉込め イラストレーター小坂さん作製 初版完売、新装版発売 /東京

「みたカルタ」を持つ小坂タイチさん=いずれも武蔵野市中町1の毎日新聞武蔵野支局で

 三鷹のまちについて愛情と少しの皮肉を込めた読み札をそろえたカルタ「みたカルタ」が人気だ。三鷹市内に住むイラストレーター、小坂タイチさん(38)が作ったが、一昨年末の初版200セットはすでに完売。再発売を求める問い合わせが相次ぎ、今月9日から新装版が売り出されている。

 堺市出身の小坂さんは広告代理店に勤務していた13年前、転勤で三鷹に移り住んだ。その後、8年前に独立。市観光協会企画委員として観光客を増やそうと話す中で、カルタ作りを思いついた。

 2014年12月の初版は、表現の制約を避けるため自己負担で製作。実際に完成したカルタの読み札も「すみたい町で大人気の吉祥寺がとなり」「ひっそりと目立たない駅前観光案内所」「むさしの市とまとめられがち」など、市職員すら「アピールが少ないまち」と嘆く現状をチクリと風刺している。原画を鉛筆で描いた絵札は、郷愁漂う「ゆるい」絵に仕上がっている。

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文634文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  2. 「ポケモンを埋葬」仏記者、中国哀悼行事の放送中に発言 1週間の停職処分に

  3. 「都内感染者の増え方、ほぼ想定内」東京都、1日最多の143人感染 2日連続の100人超

  4. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  5. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです