メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京の人今日の人

「地球へのラブレター」代表 鎌野幸子さん /京都

 京都市西京区の鎌野幸子さん(76)は、環境問題啓発グループ「地球へのラブレター」代表。卒業した女子美術大(東京都杉並区)同窓会京都支部長だった2008年、「美術活動を通じて何か地域貢献できないか」と思い立った。「京都議定書の街にいるのなら、テーマは環境問題」と決め、環境や平和のメッセージを込めた絵「地球へのラブレター」を子供たちに描いてもらい、この年に京都文化博物館(中京区)で展覧会を開いた。

 教職にある同窓生らを通じ、全国各地の子供たちから約1000作品が集まった。環境破壊を危ぶむ暗い絵、美しい自然を描いた絵、家族や友達と仲良く笑う絵など、込められたメッセージはさまざま。鎌野さんは「子供たちの感性で、地球への愛着や未来への危機感を表してくれた」と説明する。

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文820文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです