メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おきゃくトーク

よさこい文化を案内するコンシェルジュ 新井裕美さん /高知

よさこい文化を案内するコンシェルジュの新井裕美さん=高知市はりまや町1のよさこい情報交流館で、岩間理紀撮影

高知の魅力世界に伝えたい 新井裕美さん(30)

 よさこい祭りの楽しさを全国に発信する「高知よさこい情報交流館」(高知市はりまや町1)。来館者によさこい文化を案内する「よさこいコンシェルジュ」の新井裕美さん(30)に、その魅力を聞いた。【聞き手・岩間理紀】

 −−コンシェルジュを目指したきっかけは。

 ◆私は高知市出身で、小学生の時に「大津子ども会よさこいなるこ踊り子隊」で初めてよさこいを踊りました。中高生の時には部活などが忙しかったこともあり、よさこいから離れていた時期もありますが、その後、大阪市の写真の専門学校に進み、夏休みに帰省し久しぶりによさこい祭りに行きました。カメラを構えると踊り子さんが笑顔をくれるのがとてもうれしかったのですが、踊りの中の見せ場の仕草などを写すのがとても難しく、よさこい踊りの奥深さを知りました。昨年10月、地元・高知に戻るにあたり、ふるさとの魅力を伝える仕事に就きたいとよさこいコンシェルジュに応募しました。

この記事は有料記事です。

残り688文字(全文1109文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 自宅療養中コロナ死21人 7人は入院先決まらず待機中 症状急に悪化

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです