メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸前高田 流された「そば屋」

’16春/下 岩手・陸前高田 そば店「やぶ屋」 店舗、仲間と共同再建

「この街で店がやりたくて」。及川雄一さんは中心市街地に店舗を再建する=岩手県陸前高田市のやぶ屋の仮設店舗で

これまでの記事

 2011年4月、記者が岩手県陸前高田市の避難所で偶然、声をかけたのが及川雄一さんの母従子さん(73)だった。大津波で夫信雄さん(当時70歳)を亡くし、「やぶ屋」も自宅も流されたという。夫と二人三脚で支えてきた店の思い出を振り返り「息子とは『また店をやりたいね』と話しています」と語ってくれた。震災前は仕事に身が入らなかった雄一さんは、3代目店主としての自覚を深め、12年4月にはプレハブの仮設店舗で営業を再開させ、かつてのようににぎわっている。やぶ屋の記事は今回で7回目。

 午後2時46分。街に「あのとき」を知らせるサイレンが鳴り響く。及川雄一さん(48)は仮設店舗の裏口…

この記事は有料記事です。

残り1347文字(全文1641文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  2. 大津園児死傷事故 逮捕当日釈放の62歳女性書類送検
  3. 遺体 海上に乳児 母親か、近くに女性遺体も 青森 /青森
  4. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  5. 自民党・石破茂さんインタビュー 「冷や飯」の味を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです