メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PM2.5

石炭火力発電所計画、全て建設で2割増 環境NGO指摘、健康に影響も

 国内で相次ぐ石炭火力発電所の新設計画を受け、環境NGO「気候ネットワーク」(本部・京都市)などは17日、全て建設された場合、東京都と近隣県を合わせて微小粒子状物質(PM2・5)の1日の排出量が、現在の平均より最大で20%以上増加するとの予測をまとめた。愛知・大阪圏では5%以上増えるという。「大気汚染により、肺がんなど健康が害される恐れがある」と警告する。

 同ネットは、約10年後までに10件出力計750万キロワットの新設計画がある東京エリア(東京都心から半径100キロ圏)と、15件出力計650万キロワットが計画される愛知・大阪エリア(大阪中心部から半径150キロ圏)について、発電所の規模や場所、煙突の高さなどを考慮して汚染状況を推定した。

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文568文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. 追跡 ジャパンライフに全財産投資 「どう生きていけば」 被害拡大防止「早く捜査を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです