メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT

先生も学ぼう…正しく理解し、からかい根絶へ

自身の体験談を交え、塾講師に性的少数者について説明する市川さん(奥)=名古屋市千種区で2016年3月、大野友嘉子撮影

名古屋の塾など研修

 同性愛など性的少数者(LGBTなど)について、学校や学習塾など教育現場で理解を深めようとする動きが東海地方で広がり始めた。

 名古屋市千種区の「坪田塾」で3月、塾の先生13人を対象に研修会が開かれた。講師を務めたのは、名古屋市を拠点に活動する「オン・ザ・グラウンド・プロジェクト」代表で、自身がゲイという市川武史さん(33)。性的少数者の自殺リスクが高いことを説明し、生徒から相談された時には「私に話してくれてありがとう」と伝えることを勧めた。

 坪田信貴塾長はかつて、ゲイだと打ち明けてきた生徒の思い詰めた表情を見て「教育に携わる人間として(性的少数者について)きちんと知る必要がある」と考えたという。

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  2. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  5. 14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです