メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舛添知事問題

政府・与党は批判 都知事選には及び腰

記者会見に臨む舛添要一東京都知事=都庁で2016年5月20日午後2時、小出洋平撮影

 東京都の舛添要一知事の政治資金流用問題に対し、政府・与党から批判が相次いでいる。ただ、夏の参院選を控え、舛添氏が辞任して都知事選になれば混乱は避けられない。今のところ、かつて野党・自民党を見限った舛添氏への当てつけの側面が強いようだ。

 自民党の谷垣禎一幹事長は17日の記者会見で「猛省が必要だ」と舛添氏に苦言を呈し、「首都のトップに立つ者はそれなりの居住まいがないといけない」と指摘した。「他人に厳しく自分に甘い」(下村博文総裁特別補佐)という声もある。

 舛添氏は谷垣氏が党総裁だった2010年に離党届を提出し、除名された。しかし、14年2月の都知事選で…

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  5. 新潟女性殺害で25歳男を指名手配 刃物で突き刺した殺人の疑い 県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです