高齢者孤独死

販売拡大する「家主向け保険」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 賃貸住宅に1人で暮らす高齢者の「孤独死」が増加するなか、高齢入居者が死亡した後の清掃費用などを補償する家主向け保険の販売が拡大している。これまでは小規模保険を扱う少額短期保険業者が主に手掛けてきたが、需要の高まりから大手損保が相次いで参入。東京海上日動火災保険が家賃収納保障会社と連携した新サービスを打ち出すなど、サービスの充実を競っている。【中島和哉】

 孤独死に対応する家主向け保険は、高齢者が孤独死した場合、残された家財の処分や部屋のリフォーム費用として大家に保険金を支払う仕組み。死亡事故があった場合、オーナーが次の入居希望者に説明を求められる可能性が高く、入居を敬遠されたり、家賃の値下げを強いられたりするリスクも補償の対象となる。

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文955文字)

あわせて読みたい

注目の特集