メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高齢者孤独死

販売拡大する「家主向け保険」

 賃貸住宅に1人で暮らす高齢者の「孤独死」が増加するなか、高齢入居者が死亡した後の清掃費用などを補償する家主向け保険の販売が拡大している。これまでは小規模保険を扱う少額短期保険業者が主に手掛けてきたが、需要の高まりから大手損保が相次いで参入。東京海上日動火災保険が家賃収納保障会社と連携した新サービスを打ち出すなど、サービスの充実を競っている。【中島和哉】

 孤独死に対応する家主向け保険は、高齢者が孤独死した場合、残された家財の処分や部屋のリフォーム費用として大家に保険金を支払う仕組み。死亡事故があった場合、オーナーが次の入居希望者に説明を求められる可能性が高く、入居を敬遠されたり、家賃の値下げを強いられたりするリスクも補償の対象となる。

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文955文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 十三人の刺客

  2. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  3. 「半年後、生きているだろうか?」医療者に忍び寄る不安 職員3割が「燃え尽き症候群」

  4. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

  5. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです