メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ

つがいの雄、6日ぶりに姿 徳島・鳴門

 兵庫県豊岡市から徳島県鳴門市に飛来した国の特別天然記念物、コウノトリのつがいの雄が17日、巣の近くに6日ぶりで姿を現した。

 つがいは昨年2月にすみ着き、今年3月には電柱の上に作った巣で産卵した。自然繁殖への期待が高まったが、巣を空けた間にカラスに卵を持ち去られてしまった。

 ショックからか雌は1カ月前に飛び去り、…

この記事は有料記事です。

残り83文字(全文240文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師が必要と判断した人のPCR検査もできず…鈴木前医務技監「頭を下げるしかない」

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. 巻き添えの19歳女子学生が死亡 大阪・梅田HEP FIVE転落

  5. 東京・足立区、4日で生活保護打ち切り 「連絡取れず」支援団体は批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです