環境NGO

石炭火力増で大気汚染の恐れ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国内で相次ぐ石炭火力発電所の新設計画を受け、環境NGO「気候ネットワーク」(本部・京都市)などは17日、全て建設された場合、東京都と近隣県を合わせて微小粒子状物質(PM2.5)の1日の排出量が、現在の平均より最大で20%以上増加するとの予測をまとめた。愛知・大阪圏では5%以上増えるという。「大気汚染により、肺がんなど健康が害される恐れがある」と警告する。

 同ネットは、約10年後までに10件出力計750万キロワットの新設計画がある東京エリア(東京都心から半径100キロ圏)と、15件出力計650万キロワットが計画される愛知・大阪エリア(大阪中心部から半径150キロ圏)について、発電所の規模や場所、煙突の高さなどを考慮して汚染状況を推定した。

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文608文字)

あわせて読みたい

注目の特集