メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

環境NGO

石炭火力増で大気汚染の恐れ

 国内で相次ぐ石炭火力発電所の新設計画を受け、環境NGO「気候ネットワーク」(本部・京都市)などは17日、全て建設された場合、東京都と近隣県を合わせて微小粒子状物質(PM2.5)の1日の排出量が、現在の平均より最大で20%以上増加するとの予測をまとめた。愛知・大阪圏では5%以上増えるという。「大気汚染により、肺がんなど健康が害される恐れがある」と警告する。

 同ネットは、約10年後までに10件出力計750万キロワットの新設計画がある東京エリア(東京都心から…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです