LINEゲーム

一部アイテム通貨認定 関東財務局

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
パズルゲーム「LINE POP」の画面=猪飼健史撮影
パズルゲーム「LINE POP」の画面=猪飼健史撮影

 無料通信アプリ大手「LINE」(東京都渋谷区)のスマートフォン用ゲームで使う一部のアイテム(道具)が資金決済法で規制されるゲーム上の「通貨」に当たると、同社を立ち入り検査していた関東財務局が認定したことが分かった。通貨の場合、未使用残高が1000万円を超えれば半額を発行保証金として法務局などに供託する義務があるが、これまで同社は供託せず、財務局は同法違反に当たると指摘。供託不足額は3月末時点で約125億円に上る。【藤田剛】

 同社は「検査結果などの開示は当局の要請によりできません。なお、従前の通り、当局からの指摘に誠実に対応します」とコメントした。

この記事は有料記事です。

残り869文字(全文1146文字)

あわせて読みたい

注目の特集