メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

馬術

法華津、最年長五輪断念 代表選考基準満たせず

ロンドン五輪の馬場馬術個人1次予選で愛馬ウィスパーに騎乗して演技する法華津寛=ロンドンのグリニッジ公園で2012年8月2日、佐々木順一撮影

 2012年ロンドン五輪の馬場馬術代表で、75歳の法華津寛(アバロン・ヒルサイドファーム)が出場に意欲を示していたリオデジャネイロ五輪を断念したことが17日、関係者の話で分かった。日本連盟が6月に予定する馬場馬術の日本代表選考会の参加資格を満たせなくなり、本人から「今回は諦めた」との連絡があったという。法華津は出…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この国に、女優・木内みどりがいた <9>その行動とバンクシーに共通するもの

  2. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです