メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンヌ映画祭便り

第7日 試写で高評価だったペドロ・アルモドバル監督の新作

記者会見場に姿を現したスペインのペドロ・アルモドバル監督(左から3人目)。左右は出演者。世界中の記者たちのカメラが向けられても、監督はさすがの貫禄で、対応していました=木村光則撮影

 カンヌ国際映画祭は第7日(17日)、いよいよ後半戦を迎えました。

 本日のカンヌの話題は何と言っても、ペドロ・アルモドバル監督の新作「ジュリエッタ」の登場です。アルモドバル監督はスペイン人。鮮やかな色彩感覚で、人間の愛や情熱、家族の問題などを鋭く照射する作品で知られます。カンヌでは、1999年に「オール・アバウト・マイ・マザー」で監督賞、2006年に「ボルベール(帰郷)」で脚本賞などを受賞しています。「オール・アバウト……」は日本のレンタルビデオ店にもDVDが置いてありますね。

 新作は母と娘の葛藤のドラマ。スペインの海に近い街に暮らす普通の家族。しかし、母にとっては夫、娘にと…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. トランプ氏、首相とのゴルフ直前にツイート「ゲーリー大好きだ」
  3. 学校ストライキ 「学校行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人参加
  4. 首相、トランプ氏「令和初国賓」にこだわり 大相撲観戦アイデアも
  5. 藤井七段が小6の弟弟子に負けちゃった 故郷で12人と同時対局 「鋭い攻めうまい」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです