メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

世間が注目した“聖火台問題” 今だから語れる隈研吾さんの思いとは!

[PR]

 トーク番組「サワコの朝」(MBS/TBSD系全国ネット、5月21日午前7時半〜8時)のゲストは、建築家の隈研吾。

 2020年東京オリンピックのメイン会場となる新国立競技場のデザインを担当することで知られる隈。東京・銀座の「歌舞伎座」や、女性に大人気のジュエリーブランド「ティファニー」銀座本店などをはじめ、世界を股に掛けて著名な建築を多数手がけてきた。そんな隈に浮上した“聖火台問題”。そもそも何が原因でこの問題は起きたのか……。マスコミに騒がれたときの心境は? デザインに聖火台がないことで議論されたその問題について、隈が思いの丈を打ち明ける。

“記憶の中できらめく1曲”は、DOLLAR BRANDの「Bra Joe From Kilimanjaro」。ジャズを聴き始めた高校生時代、隈にとって一つの原点となったこの曲への思いを語る。

 1964年に行われた東京オリンピック。当時小学4年生だった隈は、会場の一つであった国立代々木競技場を見て建築家を志したと語る。その夢を実現させ、今度は、自分がオリンピック会場を手がけることになった隈が、デザインに込めた並々ならぬ熱い思いとは。デザイン画を見ただけでは伝わらない“こだわり”と“工夫”に阿川が迫る。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  2. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  3. レバノン首都爆発、30万人帰宅できず 死者137人、負傷者5000人超に

  4. 喜界島沖にアオサンゴ大群生 6217平方m「琉球列島で最北端」 NPO確認

  5. 都内でも「うがい薬は売り切れ」の張り紙 一夜にして店頭から消えた 「吉村知事会見」を考える

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです