メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「アドラー心理学」今なぜブーム?

書店の特設コーナーに平積みされたアドラー心理学の関連図書=東京都渋谷区の紀伊国屋書店新宿南店で13日、竹内幹撮影

 トラウマは存在しない。人は変われる−−。20世紀初頭にオーストリアの精神科医アルフレッド・アドラー(1870〜1937年)の提唱した「アドラー心理学」が今、大きなブームとなっている。アドラーの教えはなぜ、今を生きる人々の心を魅了するのだろう。【小国綾子】

 ブームの火付け役は2013年暮れに出版された130万部の大ベストセラー「嫌われる勇気」。今年2月に出た続編「幸せになる勇気」も既に37万部を突破した。2冊はアドラーが創始した「個人心理学」とも呼ばれるアドラー心理学を対話形式で分かりやすく書き起こした本だ。

 2冊の共著者で日本アドラー心理学会顧問の哲学者、岸見一郎さんによると、アドラー心理学は「人間の悩み…

この記事は有料記事です。

残り2333文字(全文2640文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米「ソウルの女王」 アレサさん危篤 グラミー賞18回
  2. 日本文学研究者 キャンベルさん、同性愛公表し議員批判
  3. 戦争を知らないけれど /1(その1) 42歳、玉砕を漫画に 生還兵「あなたは戦ったのか」
  4. 山口2歳児不明 ドローンも使い捜索も手がかりなく
  5. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです