メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しあわせのトンボ

子どもたちの感想文=近藤勝重

 初夏の新緑や晩秋の落ち葉を見て、子どもはどう思うのだろうか。その思いを文章にすることができるのだろうか。ふと抱く疑問である。

 井上ひさし氏は文章の本で「落ち葉を見てどう思いますか」というのは、大人でも無理な注文で、子どもには「落ち葉はどう落ちていくんですか」ということを書かせるべきだ、とおっしゃっている。つまり「どう思うか」という感想文ではなく、「どう見ているか」という観察文とか、描写文を書かせるようにというわけだ。

 ぼくが落ち葉について当たり前に思うところは、寒々とした感じに漂う寂しさや孤独感とか、晩年の心境を重…

この記事は有料記事です。

残り632文字(全文893文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  3. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  4. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  5. 内閣支持率急落「謙虚に受け止める」 菅官房長官会見詳報 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです