メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

らっこ・ライブ・レビュー

スクイーズ 青春ポップは熱く、ほろ苦く

撮影:成瀬正規

 暗転した会場で、演奏が始まったのにバンドは見えない。姿を求めて見回すと、2階につながる階段からボーカル&ギターのグレン・ティルブルックを先頭に現れた。ギターはウクレレに、キーボードは鍵盤ハーモニカに持ち替えて、ヒット曲「アワーグラス」を演奏しながら客席の間を歩いていく。昭和生まれには祭りのおはやしやチンドン屋の思い出があるからか、練り歩きに血が騒ぐ。観客にとってもこのサプライズな登場の仕方が興奮の着火点になったようだ。

 1977年にデビューした英国のスクイーズは、解散、復活を繰り返すなかで、ヒット曲を生んできた。今回…

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 座間事件 「後悔はある。もっと遊びたかった」 9人殺害・白石被告一問一答(その1)

  4. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  5. 富山・クマの人身被害、5日連続 ラジオ体操帰りの3人重軽傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです