メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

スマホ老眼を防ぐには 端末、目から40センチ以上離す

 スマートフォンやタブレット端末を長時間使う若者の間で、手元が見えにくいなど老眼のような症状が出る「スマホ老眼」が広がっている。加齢による老眼と思い込んでいる40代以上でも、実はスマホが原因の可能性があるそうだ。スマホ老眼はどう防げばいいのか。その治療法は?【宇田川恵】

 「スマホ老眼を疑って来院する若者は増えており、30代で老眼鏡を手放せなくなった人もいます」。スマホと目の健康の関係に詳しい、彩の国東大宮メディカルセンター(さいたま市北区)の眼科科長、平松類さんはそう話す。

 スマホ利用者は拡大しており、総務省によると利用率は全世代で約6割、20代では9割を超える。そんな中、老眼に似た症状を訴える若者が急増。調査会社「トレンド総研」が20〜30代の利用者を対象に行った調査(男女500人)では「スマホ老眼の自覚がある」と答えた人は約4割にも上った。

この記事は有料記事です。

残り2022文字(全文2399文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」3日で興収46億円 観客340万人超、ともに最高

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. Fact・Check 誤り 防衛大出身者は大学院入学を拒否される 大学院進学例、複数確認 BSフジは訂正

  4. 菅氏よもやの言い間違い次々…「説明能力」に疑問も 官房長官会見

  5. 熱血!与良政談 もう一つの負の遺産=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです