連載

歴史の鍵穴

毎日新聞デジタルの「歴史の鍵穴」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

歴史の鍵穴

アイヌのルーツ 縄文人にオホーツク人の影響=専門編集委員・佐々木泰造

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 先住民アイヌの祖先はどんな人たちだったのだろうか。百々(どど)幸雄・東北大学名誉教授(解剖学・形質人類学)が近著『アイヌと縄文人の骨学的研究−骨と語り合った40年』(東北大学出版会)で、自身の研究史を振り返りながら人類学研究の現在の到達点を示している。

 アイヌは顔の彫りが深いことなど、本土日本人(北海道、琉球諸島以外の日本列島人)と違った特徴があり、かつてはコーカサス人種説(白人説)も唱えられた。百々さんは東北大学を卒業後、1969年に札幌医科大学に助手として採用され、翌年、発掘されたアイヌの頭骨に出合った。眉間(みけん)が盛り上がり、鼻の付け根が落ち込んで、鼻骨が前へ突き出るという立体的な顔の特徴が、研究しようと思っていた縄文時代人骨と共通していた。

 そのころの骨の研究は、頭骨の長さや幅などを測る計測的方法が主流だったが、百々さんは、眼窩上孔(がんかじょうこう)(目の上の骨の小さな穴)など、身体機能に影響しないとみられる小さな差異(形態小変異)を比べる方法を選んだ。

この記事は有料記事です。

残り1068文字(全文1509文字)

あわせて読みたい

注目の特集